mtrad エムトラッド

Recruit Site 採用サイト

未経験者interview

「私たち・・・・・堂々の未経験エンジニアです!」

  • 宮口 裕史:サーバ運用システムエンジニア
  • 柳  明宏:ネットワーク設計構築エンジニア

経験1年未満の新人エンジニアに直撃インタビュー!!
就職前の不安、仕事で感じる充実感、エムトラッドとは! などなど、テンコ盛りの内容です。 是非ご参考にしてみてください!

未経験での応募につきまとう、就職の不安

現在2人共、当社でサーバー運用、ネットワーク構築に携わり着実にキャリアを積んでいるが、就職し現場に配属されるまでは相当な不安があったという。そんな彼らも今ではお客様にニーズに学びながらも精一杯応える姿は非常に評判もよく、将来の活躍が期待されるエンジニア。

  • 津川:二人ともバッチリ業界の勉強もしてたし、説明会や面接の時も目がギラギラしてやる気がみなぎってましたよ〜!
  •  柳:いやいや、就職が決まってないっていうのが不安でヤバかったです。
  • 宮口:ホント、今だから笑って話せますけどね(笑)
  • 津川:え〜〜、そうなんですね〜。何が一番不安でした?
  •  柳:未経験でも応募が出来る企業は他社でもありましたが、実態は面接まで進むケースは少なかったし、内定は中々・・・。経験だけはどうしても自分では補えないウィークポイントなので、どうしようもなく、焦りもありましたし、毎日がただ漠然と不安でしたね。
  • 宮口:今でこそ笑って話せますけどね(笑)本当に今はこの業界のスタート地点に立てた事が嬉しいです。面接のときは柳さんと同じで相当なプレッシャーでしたけど、面接の頑張り次第だと言い聞かせて頑張りましたね。 でも、業界の事が何もわからないことで面接の下準備もどこからはじめたらいいのか・・・というレベルでした。 ハウジングって?ホスティング?データーセンター??みたいな(笑)

エムトラッドの他社には負けない魅力って・・・。

  • 津川:面接ではそんな大きなプレッシャーに打勝って内定を獲得したわけですが、お二人はどうしてエムトラッドに入社を決意したのですか?
  •  柳:何回か説明会に出ると、本当に「あっ、こんな会社で働きたい!」っていうイメージがはっきり見える時があるんですよね。運命というか・・・。それが僕にはエムトラッドでした。
  • 宮口:僕もそれに似てます。根拠レスですが何か「ビビッ」ってくるものがありました。多分、自分の上司にあたる人や、社長の熱意に圧倒されたと思います。エンジニアをどこでも通用するビジネスマンに育てる、その上でどういったサービスを世の中に提供したいか。そのストーリーが明確で自分がどうなっていけるのか、自分のビジョンまでも明確になった事に大きな安心感がありました。

安心、やりがい、全てが詰まった会社だけど、成功するかは自分次第!

  • 津川:ではでは、一番聞きたかったことですが(笑)数ある企業からエムトラッドを選んで良かったですか?
  • 宮口/柳:その質問はきたないなぁ~(爆)「はい」って応えなきゃマズくないですか??
  • 津川:本音でお願いします(笑)
  •  柳:もちろん良かったです。未経験からなんとか現場に入って仕事が出来ているのはエムトラッドのおかげです。仕事をして成果をあげるのは自分ですが、それを支えてくれたのはエムトラッドなんです。
  • 津川:そんな嬉しい事言ったら、柳さんのリーダーが泣きますよ(笑)宮口さんはどうですか?
  • 宮口:今、会社が急成長している中で同期が沢山いるし、ベテランから新人まで幅広く採用されていてるけど、みんながとてもフランクなので、とても安心出来るし、こっちからも積極的にコミュニケーションをとりに行きたくなります。安心感がある会社で、伸び伸びスキルを磨かせてもらってます!

お客様のニーズに応える、応えきる!それがエムトラッドマン!

「エンジニアはサービスマンである」という企業理念を若手システムエンジニアはどう受け止め、クライアントにサービスを提供しているのか。彼らなりの将来「なるべきエンジニア」にフォーカスして聞いてみた。

  • 津川:では、最後にお二人の目標をお聞かせください!
  •  柳:えっ!もう終わりですか!?
  • 宮口:どんだけ聞かれたいんだよ!(笑)
  • 宮口:僕はまず個人的には来年にはチームリーダーに昇格し、メンバーを動かしたいしマネージメントにも挑戦したいです。 どんなプラットフォームでもユーザーのニーズを叶えるサーバー構築エンジニアになりたいと思います。
  • 津川:構築エンジニアが宮口さんの目標というわけですね?
  • 宮口:いえいえ、構築エンジニアはプロセスにすぎません。構築という作業レベルのフェーズはどんどん自動化が進ん でいますし、いずれ人の手から離れる作業なのでユーザーが求めるシステムをどれだけ効果的、効率的に作り上 げ「さすがですね!」と言ってもらえる事が究極だと思ってます。
  •  柳:確かにそれが最後に目指すべきポジションですね。それが出来るためにお客様のニーズを拾うヒヤリング力、 調整力、メンバーに対する管理、何よりも技術!
  • 宮口:そうなんです、身につけなければならないことは沢山あるし、時間もかかるけどそれが「やりがい」ですね。
  • 津川:「エンジニアはサービスマンである」を新人としては現場でどう活かしてるのですか?
  • 宮口:現場を掃除してます(笑)でも整理整頓してないと、いざって時に手順書が見つからなかったり色々不都合も あるんですよ。これが僕が最初にお客様に提供した「ソリューション」ですね!
  •  柳:僕は挨拶したり、電話対応するとき誰よりも元気よく接する事です。周りの先輩方は本当に疲れてるので、少しで も職場を明るくするのも新人の務めかと・・・。もちろんウザくならない程度ですが、こないだ部長に褒められました!
  • 宮口:まぁ~僕たち新人が出来るソリューションはこんなもんですが、でもこの精神は間違いなく他社のエンジニアより勝ってる自信はあります!
  • 津川:お二人とも、本当に充実した現場業務を行っているのですね。お二人を採用出来て本当に良かったです。 今日はありがとうございました。
  • 宮口/柳:ありがとうございました!